どうしてヨロシク仮面はボスケテというのか。プロスペクト理論

暗号戦士諸君!!
2日に1回はボスケテくださいと叫んでいるヨロシク仮面だ!!ヨロシク!!

ヨロシク仮面

ボスケテ!!ボスケテください!!
225万でビットコ先生掴みましたが助かりますか!!!!

シャア

ヨロシクまた天井で掴んでるのかww
まーいつかは助かるんじゃねーの( ゚Д゚)y─┛~~

ヨロシク仮面
ヨロシク仮面

ええい!!!ビットコ先生め!!
私をとっとこハメ太郎しおって!!
私は損切りしないぞ!!意地のホールドだ!!

高値でも
握っていれば
中長期

この前だって高値づかみして待っていたら助かって即利確できたもん!!3000円くらい!!

 

にゃんたま

まーた225万マンが生まれたのか。ニャス

 

ぴく先生

ニャス

 

 

 

筆者ことヨロシク仮面はいつも高値づかみのスライディング売りでよく損をするぞ!!
ヨロシクのボスケテください!!は私自身を分析してなぜボスケテという展開になるのか反省の意味を考えていくぞ!!ヨロシク!!

 

 

 

プロスペクト理論

天井キャッチしても中々損切りしたくないことってありませんか?
1枚225万円掴んで160万円で損切ると65万円損することになります。

損切りすると損が確定してしまうので、損をしたくないという気持ちから損切りができなくなります。だって損しちゃうもん。

逆に少し利益が出るとすぐ売りたくなります。
利益が出ているうちに早く売らねば!!

こういう心理状況をプロスペクト理論で説明されることがありますが、そのプロスペクト理論について少し考えて見ましょう。この欲しがりさん達め!!

人は損失を回避したがる生き物

んなもん当たり前じゃい!!損したい変態なんてヨロシク仮面くらいだ!!
いいえ、私も損はしたくないんですよ。JCキャッチ底値売りしていますけど。

それでは例を挙げてみます。

質問1
あなたは2つの選択に迫られている場合どちらを取るか?
A:100万円が半ケツを出すだけでで手に入る。
B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない上に尻まで出す。
質問2
あなたはコンプガチャやりすぎて200万円の借金を抱えているとします。
A:半ケツになるだけで負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら尻を出した上負債総額は変わらない。

個人的にはお尻を出した子一等賞!!半ケツならOK!!ということが言いたいんですが、
質問1ではどちらも期待値的には100万円受け取れますが、殆どの人はAを選択すると思います。私も喜んでお尻を出します。
質問2も期待値で言うと借金が-100万減りますが、質問1で無条件にケツ出した人はBを選ぶ傾向にあります。裏が出たら尻出し損だというのに。

このことから、人は目の前に利益があると、利益が入らないリスクを回避しようとし、損失を被ると損失そのものを回避する傾向にあるようです。
つまり、上記の質問だと特にケツ出すことはリスクではないという判断になりますね。なりませんか?失礼しました。

なぜ損失を恐れるのか
この損失回避をしようという心理には太古の昔、今のように食料の長期保存ができない状況でした。
いつ食料が取れなくなるかわからない状況で、食料を失う=死に直結します。なのでこの損失回避バイアスは人間の本能に組み込まれていると考えてもいいかもしれません。

そしてもう一つの落とし穴として、人は損すると取り返したくなるという心理が働きます。

質問3
あなたはカジノ200万円賭けて100万円失いました。しかし、ある提案を受けました。
A.コイン2枚投げて両方表が出れば130万貰える。しかし、それ以外だと30万円取られる上に半ケツになる。
B.ギャンブルに参加しないなら30万返金してもらえる上、半ケツになっても良い。

損した前提で考えるとどちらをとるでしょうか?
A.は確率は25%ですが、もしかすると30万勝ってケツ出して帰れるかもしれない。
B.は70万負けたままでケツ出して終わるかもしれない

Aの場合、勝てばいいですが、下手すると70万円しか残りません。Bだと確実に130万円残りますが、心理状況的にAを選んでしまうことがあります。
これはBだと確実に損となり、損失を回避したいという心理が働いてしまうことが原因と考えられます。

人は負けが入ってしまうと、期待値がヨロシクないにもかかわらず、一発逆転ギャンブルに走りがちさらなる損失を被ってしまうことがります。ケツ出しながら。あおおお!!!

このプロスペクト理論を簡単に言うと、人は損することが大嫌いで、損から逃げようとする。しかし、それは合理的な判断とはいえず、損失を拡大させる心理が働いていると考えることができます。この質問文ではやたら半ケツという単語が出てますが、「半ケツならOK。リスク回避じゃなくどんどんやれ。これが本場のエロスペクト理論じゃい!!」という筆者のメッセージが込められています。これが言いたいが為にプロスペクト理論勉強して長々と文章作った次第です。どうですか?エロスペクト理論。
しかし、この寒い時期は風邪引くので余り半ケツのしすぎは良くないですね。

まとめ
私が高値掴みでボスケテください!!と叫んで結局ホールドしているのは損失から目を背けたいという心理状況からの発言となります。そして助かったと思ってすぐに利確してしまうのもまたプロスペクト理論からなる損失回避の心理的バイアスとなります。
この心理状況に打ち勝つことが投資勝利への一歩となると筆者ヨロシク仮面は考えています。

所でBTC225万助かりますか?228万円で利確したいんです!!大口の皆様!!どうぞヨロシク!!

~暗号通貨川柳~

損しても
握っていれば
中長期

 

皆も高値掴みは程々にしておくんだぞ!!ヨロシク!!




仮想通貨の種類が豊富!
10倍狙える草コインいっぱい

勇者がおすすめする取引所は、やっぱりバイナンス。儲かる草コインの種類が豊富。日本語対応しているから安心だよ。




ABOUTこの記事をかいた人

ヨロシク仮面

職業:変態紳士、相場の栄養分  年齢:米米倶楽部世代 推し通貨:BTC、モナコイン、bitzeny、なんだかよく解らない草オブ草通貨 得意技:シャアイナゴ、高値掴みからの底値売り 2016年からなんとなくXRPを毎月ドルコストで購入。2017年から活動を始め、当初は真面目な発言するも方向性がブレ、下ネタビットコイナー仮面となる。 以後はシャアイナゴ等で高値掴みにより資産を半分以下に溶かしつつ何とかしぶとく運のみで生き残る。悪とは闘わず痔と闘う相場の養分戦士。