Loopring(ループリング) LRC

こんにちは!シャアです。今回はLoopring(ループリング)について記載していこうと思います。

Loopring(ループリング) LRCとは?

ループトリングは、分散型の先進的な、Ethereumブロックチェインを変更します。 ループリングは共通の役割を果たすことを意図しています
オープンスタンダードを備えたビルディングブロックは、分散型アプリケーション間の相互運用性を推進し、交換機能を組み込んだPAPI(DAPP)である。 トレードは一般にアクセス可能で、自由に使用できるEthereumスマート契約のシステムどんなdAppでもフックできます。
マウントゴックスのような問題を解決するためのEthereumブロックチェーン上のERC20トークン 一を使用し資産の盗難や没収などから守ることができる。さらに顧客と取引所を非常に低コストで提供することができる。より流動性の高い市場で取引を実行し、入札価格のスプレッドを最小限に抑えることができます。(ホワイトペーパー参照)

つまり簡単に説明すると・・・・
LRCは、トークンを介して取引する分散型の自動実行システムである。またユーザーを取引先リスクから守り、取引コストを削減する事ができ、分散型取引所(DEX)に対応しているという事です。

プロジェクト

ループリングは、分散型取引所プロトコルです。このプロトコルは、ループリングの分散型取引所システムのコアとなる、イーサリアムのスマートコントラクトとして実装されます。ループリングには、以前から用いられている中央集権型の取引所に比べて、以下のような優位性があります。

  • 取引相手と取引所に関するリスクの軽減: トークンを第三者である取引所に預け、保管するリスクは無くなります。また、オーダーによってトークンはロックされません。
  • 高い流動性: オーダーがリングマッチされることにより、あらゆる取引ペアにおいて高い流動性を実現します。
  • 公平性: 手数料と割引モデルは、すべての関係者(メーカー、テイカー、マイナー)の間で公平性を担保します。
  • 分散性: システム全体が完全に分散化されています。

 

上記はこちらにのHPを抜粋しました。詳しくはこちらに記載してあります。(日本語)
https://docs.loopring.org/Japanese/overview/

 

実現しようとしている事

また先日の開発者のブログによるとQTUMのメインネットと接続ができたとの事。更には「私たちにNEOのプロトコル開発と展開に取り組むために参加しています。」と記載されている。
https://medium.com/loopring-protocol/loopring-bi-weekly-update-01-06-2018-20341d4ee948

このことから、分散型取引所(DEX)が中国で予定されてるのでは?と思いますね。(詳細は不明)
またスマートコントラクト、金融系というのも気になるところなので、LRCも中国のニッチな市場に向けた取り組みをおこなってる感じはします。
さらにはアドバイザーとしてNEOのDa Hongfei氏も参加していますので要注意ですね。

投資判断(A~E)

 

個人的な判断です。

シャアが買おうとすればBですね!

少額からの投資で様子をみながら投資していけばいいかと思います。将来性は十分あると個人的に思っていますので、じっくり1年くらい寝かせる覚悟で投資をされたら面白くなるのではと思います。内容としては、ロードマップがしっかり記載されていれば申し分ないと思いますね。そういった面でB判断いたしました。またNEOやQTUMとの連携がされるという事も面白い通貨だと思っております。

Loopringが購入できる取引所はこちらです。BINANCE
初めてのBINACEに登録される方は、こちらを参考にしてください。

 




仮想通貨の種類が豊富!
10倍狙える草コインいっぱい

勇者がおすすめする取引所は、やっぱりバイナンス。儲かる草コインの種類が豊富。日本語対応しているから安心だよ。




ABOUTこの記事をかいた人

逆襲のシャア大佐

シャア大佐(BitcoinCashコイナー兼アルトコイナー(特に中華柄が得意)) 職業 ドラクエとガンプラを列んで買った世代 年齢 ガンプラ世代 推し通貨 BCH ETH NEO QTUM XRP ADX MONA その他流行りコインを好む 得意技 暴落時の逃げ足 長期気絶投資法 コロニー落とし シャア爆弾 2013年10月にWEBニュースの記事をみてビットコインの存在を知る。日本で初めてのビットコイン取引所マウントゴックスでビットコインを購入(当時3万円)。トレーディングを初めてはじめる。 その後12万円まで暴騰し、頂点からの取引所破綻で地獄を見る。(マウントゴックス被害者である) その後、たまたま見つけたRippleに出会う。やっとの思いで海外取引所からRippleを購入。あまりに値動きがない為、長期気絶。(相場は、たまに見る程度) 2017年5月のGW中に暴騰を知る。その資産を得て再度兼業トレーダーとして再起。 その後ANS(現NEO)と出会いウェーブに乗るが、チャイナショック時取引所のアカウントが誤作動で口座強制凍結。しかし捨てられたBitcoinCashを2万円代から拾い集め成功!何度も天国と地獄をみた波乱万丈のトレーダーである。