NEO(ネオ)旧 Antshares(アントシェアーズ) 2回目

こんにちは!NEOゴリ推しのシャアです。

今回はMEOの2回目の特集として記事を書いて行きたいと思います。

前回NEOの記事はこちらからご覧になれます。

今回はNEOのことを少し詳しく記載していきたいと思います。

NEO

●NEOのホワイトペーパー(日本語)
http://docs.neo.org/ja-jp/

通貨単位 NEO

発行枚数 100,000,000NEO

通貨タイプ スマートコントラクト&プラットフォーム型 dBFT通貨

NEOは2014年設立 2015年6月にGitHubでリアルタイムのオープンソース化

共同創設者兼CEO Da Hongfei氏

 

 

 

提携など噂される企業

NEOが、2018年3月にマイクロソフトと連携して開発者会合を開催すると発表したとする記事https://jp.cointelegraph.com/news/neo-devcon-sees-microsoft-judge-networks-potential-uses

 

 

NEOのコンセプト

「デジタル資産 + デジタルアイデンティティ + スマート契約=スマートな経済」

NEOはブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティを利用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用してデジタル資産の管理を自動化し、分散ネットワークで「スマートな経済」を実現するというブロックチェーンです。

■スマートコントラクト
中国初のプラットフォーム型から昨年は中国のイーサリアムと話題になった。要するにこのスマートコントラクト機能をイーサリアムと同じように使用できるということです。
簡単にいえばこの機能を利用して他の通貨のICO(トークンセール)等へ参加ができるということです。

■プラットフォーム型
プラットーフォム型というのは、NEOの技術を利用して他の通貨が利用されるいわば基盤です。イーサリアムを例にすればトークン的な扱いの通貨をNEOの技術を利用して可能になると言うことです。

 

POWでもないPOSでもないdBFTの通貨

PoW(proof of works)とはビットコイン等が採用している方式です。簡単にいえばパソコン等で検証作業を(マイニング)するとその報酬として、そのコインがもらえるという仕組みです。マイニングは採掘などと言われることも多いです。

一方、PoS(proof of stake)とは、枚数と期間に応じてマイニング成功確率が変わるというもので、
専用のデスクトップウォレットに入れておくとその通貨が発行されるという仕組みです。

NEOが採用しているdBFTとは保有者にはその通貨の保有量に応じて投票権が割り当てられる、大規模なノードの参加を達成するためのシステムで、民主的な方法によって、最大多数のノードにとって利益となるような取引の記録するシステムでトークン保有者の全員が報酬を受けとれます。
現在のNEOの場合は特殊で、現在NEONという専用ウォレットに保管をしておけばNEOGASという通貨の配当が得られます。

もちろんこのGAS も立派な仮想通貨なのでトレードが可能です。面白いことにNEOの価格とGASの価格は連動しており、NEOが上がるとGASも上がるという現象がおきています。

詳しくは前回の記事に記載しています。

NEONウォレットの設定の仕方(MAC版)
(当サイトにはMAC版しかありませんのでごめんなさい)

公式ウォレット
https://neo.org/download

NEOの関連柄通貨も続々と

NEO dapps

https://neo.org/dapps

この中でも、私が個人的に今後の伸びそうと思う通貨はNEO初のICOでNEOトークンのレッドパルスです。

Red Pulse(レッドパルス)RPX ※前回の記事

 

このように、今年はNEO系のトークンたちが続々と登場していくと思います。これも高騰が期待できる理由の一つといえるのではないでしょうか?

その中でもNEOのDNAをかなり引き継いだレッドバルスはかなり期待できると思います。

レッドバルスの話題も続々とwww

 


Red Pulseは昨年の中国のICO規制から緩和で初めてNEOでICOを再開をされた通貨として話題になりました。NEOに関しても個人的見解ですが、中国政府からの印象は非常に良いものじゃないかと感じています。また、これからの中国のブロックチェーン業界を盛り上げるためNEOは要となる可能性を秘めていると感じています。理由は次のツイートをご覧ください。


 

 

 

 

 

 

NEOとレッドパルスの購入方法

NEOとレッドパルスはKUconで購入できます

購入のやり方(以前の記事

下記のBINACEにでも購入出来ます。

BINANCEでの購入方法




仮想通貨の種類が豊富!
10倍狙える草コインいっぱい

勇者がおすすめする取引所は、やっぱりバイナンス。儲かる草コインの種類が豊富。日本語対応しているから安心だよ。




ABOUTこの記事をかいた人

逆襲のシャア大佐

シャア大佐(BitcoinCashコイナー兼アルトコイナー(特に中華柄が得意)) 職業 ドラクエとガンプラを列んで買った世代 年齢 ガンプラ世代 推し通貨 BCH ETH NEO QTUM XRP ADX MONA その他流行りコインを好む 得意技 暴落時の逃げ足 長期気絶投資法 コロニー落とし シャア爆弾 2013年10月にWEBニュースの記事をみてビットコインの存在を知る。日本で初めてのビットコイン取引所マウントゴックスでビットコインを購入(当時3万円)。トレーディングを初めてはじめる。 その後12万円まで暴騰し、頂点からの取引所破綻で地獄を見る。(マウントゴックス被害者である) その後、たまたま見つけたRippleに出会う。やっとの思いで海外取引所からRippleを購入。あまりに値動きがない為、長期気絶。(相場は、たまに見る程度) 2017年5月のGW中に暴騰を知る。その資産を得て再度兼業トレーダーとして再起。 その後ANS(現NEO)と出会いウェーブに乗るが、チャイナショック時取引所のアカウントが誤作動で口座強制凍結。しかし捨てられたBitcoinCashを2万円代から拾い集め成功!何度も天国と地獄をみた波乱万丈のトレーダーである。